今の気持ちが色にあらわれる

ファッション

イメージ&パーソナルライン診断。

既にパーソナルカラー診断を終えて似合う色をお伝えしているクライアント様に、今の心の中の気持を色に表すことができるイメージ診断を受けて頂き、その分析からパーソナルカラーに沿って色や服や身の回りのコーディネートを提案。また、クライアント様のパーソナルラインをも診断させて頂きよりその方に寄り添ったファッションも提案します。

ラインとは、フェイスライン、肩から腕のライン、腰から足のラインを診断。それぞれの特徴を活かした洋服選び、靴やアクセサリーの選び方をご提案するものです。

色とラインでよりパーソナルになるわけです。自分らしく輝くためにも、重要ですね。

カラースクールではその診断が出来るアナリストを目指して学べる環境が整っています。自分が経験をされて周りの人たちにも伝えたいと、アナリストを目指す方が学ばれています。その学びの中の実践トレーニングで私がお手伝いさせて頂く機会がありました。何年ぶりかのイメージ診断をやってみました。

180語の中から、気になる20語の言葉を選ぶだけ。するとこんなスケールが出来てきます。(^^)

今現在の気持ちが、色に現れる不思議を体験ができます。

当日、スクールに着ていった服が、イメージ診断の結果とリンクしていたからです。困ったことに、生徒さんの実践トレーニングに正解を着て行ってしまっていたので…..提案することが難しくなって…..どうしたものかと思ったのですが。私は、なんと!自分が心の色を素直に表現できているンんだろう~と感動と驚きを感じてしまったことに嬉しくなりました。

キーワードは「シンプル」

とにかく今はシンプルがいいと思っている自分がいます。

心の色を身につけると不思議に気持ちが落ち着きます。

プラス、華やかさも忘れずに。色が気になっていて、いつもは色味を先に手に取るところを、白を手に取ってみる自分を感じています。

白の色には、スタートとリセット、期待と希望をイメージさせます。浄化の色。人はひとりでに白を選び自分をリセットするのかもしれません。中国や日本では喪の色ともされています。きっと自分の中の気持ちにも沿っているように思えました。

この時は、秋冬に向けてのコーディネートを提案して頂きました。赤紫系(プラム)を使ったご提案、とても秋冬が楽しみになるコーデ。お客様の気持ちをすくにはコミュケーションが大事です。私も今、あるお客様のカラーコンサルをさせていただいております。ただ、パーソナルカラーをお伝えして、骨格からの体のラインを活かした洋服のご提案をするだけではなく、その方の生き方や思い、性格など色んなお話をさせていただきながらよりその方に寄り添ったアナリシスができるようにと、この心の色を診断するイメージ診断は大切にしていきたいなと思っています。

クローゼットを見て、選ぶ服が見つからない、気持ちが上がらないなどあれば、気持の変化の表れかもしれません。

自分の気持ちを色で見てみたいと思われたら…ご一報ください。

お問合せはコチラ

この記事を書いた人
Rie

1964.2.7生まれ/個人数秘 ⑦⑪⑨/カラータイプ ペール/活動範囲 滋賀 京都 大阪/料理好き/アベンジャーズ好き/好き嫌い無し/楽しいことが好き/自由人/息子は友達/あるべき自分よりありのままの自分でいたい/ちょっと頑固/妄想好き/マッサージが得意

Rieをフォローする
ファッション
シェアする
Rieをフォローする
リエ ナチュラル