少しずつ前へ、熱いモノを感じた日

ブログ

GWが終わって、コロナに対する扱いも変わり、アクリル板も無くなり、マスクも自由に。それに伴って社会生活もどんどん変化していくのでしょうか。

この3年間で当たり前になってしまったこともあるだろうし、それをまた変えたり戻したりするのにも多くのエネルギーを使いますね。

でも、今日はとっても明るい素敵なエネルギーを感じてきました。

大丸百貨店には『ファッションナビプレミアム』という場とサービスがあって、そこではファッションタイプ診断をされています。カラー診断だったり、骨格診断だったり。お洋服選びからお化粧品の相談までトータルにお客様のニーズに合ったサービスを提供されています。そこでカラーアナリストととして日々お仕事されている方々や新たに配属された新人の方々に、私も会員でもあるWABカラースクール本校の先生がアナリスト養成講座やフォローアップ研修をされています。

その研修の中にはモデル診断があり、私はそのモデルとして参加してきました。大阪の高槻市に研修センターはあります。このコロナでセンターが閉鎖されていたのですが、連休明けからは元に戻り、久々に伺わせていただききました。高台にあるとても綺麗な研修センターです。

何人かのアナリストさんが参加されておりとても熱心に勉強されていました。

カラー診断といっても、色んなタイプの方がおられます。とても色の変化が分かりやすい方もいれば顔色が変わらず判断に悩む方もおられます。タイプ別の特徴やドレープの特徴もしっかり理解していないと…診断に迷いが生じてきてしまいます。診断における基本は大事で、先生は何度も確認をされていました。

私も、学ぶところが多くて勉強になりました。毎日診断をしているわけではないので、やっぱり曖昧な部分は出てきてしまがちです。そんな時は基本に戻ることの大切さに気付かされました。

パーソナルなので、その方一人一人がお持ちの良さも雰囲気も違うので、同じカラータイプだとしても提案する色味などは微妙に違ってきます。その方の何を大切にするかはアナリストにとっての見極めは重要であったりします。

またよりパーソナルなサービスを目指すなら、診断だけではなくてその方との会話だったり過ごす時間だったりの中でお気持ちを拾ってくることも必要でしょう。まして百貨店だとVIPの方も多くお越しになられます。インターナショナルですしね。緊張感がありとてもやりがいのあるお仕事だと思います。

モデル診断では、みんなからの熱い視線を浴びます。(^^)じっくり目を髪を肌を観察。注目のまと(笑)。こんなに見つめられることはないな。それくらい皆さん熱心に観察して学んでおられました。

そんな空間に一緒にいることで、改めて色の不思議と魅力を感じました。また、自分には何ができるだろうか…どんな伝え方ができるだろうか…楽しんでもらえるだろうか…を帰宅しながら考えてました。

喜んでもらえる事が幸せ。身近に感じてもらえるそんなアナリストでありたい。

やっぱり内も外も自分らしく生きるを応援していくがいいな。(^^)

いい一日でした。

この記事を書いた人

1964.2.7生まれ/個人数秘 ⑦⑪⑨/カラータイプ ペール/活動範囲 滋賀 京都 大阪/料理好き/アベンジャーズ好き/好き嫌い無し/楽しいことが好き/自由人/息子は友達/あるべき自分よりありのままの自分でいたい/ちょっと頑固/妄想好き/マッサージが得意

Rieをフォローする
ブログ
シェアする
Rieをフォローする